Upsala Ekeby/ウプサラエケビィ Mari Simmulson No.4485 ジャムポット

1886年にタイルとレンガのメーカーとして始まったスウェーデン、Upsala Ekeby(ウプサラエケビィ)社。
その後、同業界の吸収、合併でUEグループとして大きくなるものの1973年に閉鎖となります。
Upsala Ekebyの最後のアーティストの一人でもあった Mari Simmulson(マリ・シムルソン)デザインのジャムジャー/ポットです。
スウェーデン国内でも熱烈なコレクターを持つMari Simmulsonの作品は大胆な色柄を肉厚なタッチで描いた花瓶や絵皿に代表されます。
ジャムポットは各面にそれぞれ違うフルーツがカラフルに描かれ、ふっくら丸いフォルムが可愛らしく存在感があります。
花器やオブジェとしての要素もうかがえる作品です。
UEがMari Simmulsonに与えた4000番台の品番/製造番号があり、こちらはバックスタンプに4485の品番がついています。




□ コンディション:ヴィンテージ/used   4/5
染料の跳ね・抜け・ムラが見られるシリーズですが、釉薬は上にかかっています。
内底に焼き染みが見られます。
キズなどのダメージはほとんどなく、ツヤもあり良好なコンディションです。


□ 商品名:Upsala Ekeby/ウプサラエケビィ Mari Simmulson No.4485 ジャムポット
□ メーカー:Upsala Ekeby
□ デザイン:Mari Simmulson/マリ・シムルソン
□ サイズ:幅13cm 口径9cm 高さ11cm
□ 重量:450g
□ 製造年:1960〜1964年
□ 生産国:スウェーデン
□ 配送:ゆうパック



○ご購入の前にご確認ください○
当店で取り扱っている商品は、30年〜50年前に北欧の家庭などで実際に使われてきたものがほとんどです。目立つ傷や汚れについては出来るだけ商品説明にて記載しておりますが、説明以外にも経年劣化や使用に伴う小さな傷や汚れがあることもございます。また、皿などには裏面に3、4カ所、釉薬を塗る際の支えの跡があります。ご覧いただいておりますパソコンの環境によっても色合いが実際とは異なる場合もございますので、ご購入の前にあらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
型番 KB0110
定価 8,900円(内税)
購入数
売り切れ